生前整理を依頼

ハンカチで目元を拭く外国人女性

最近、老人の孤独死のニュースが増えていて、次はもしかしたら我が身かもと思う方もいらっしゃるかもしれないです。しかもニュースになっている場合は事件性がありということで、大部分は普通に老衰で亡くなっていき、ニュースになることはないのです。それゆえ表に出ている何倍、何十倍もそういった孤独死を迎える老人は多いはずです。そしてこういった老人たちの多くは田舎よりも地方都市に多く、埼玉県や千葉県といったところにいるのです。特に埼玉県は東京都のベッドタウンとしての位置づけもあり、定年後を過ごしている老人が思いのほか多く、それゆえ遺品整理問題に困ってもいるのです。孤独死を迎える老人、そして遺品整理、これは埼玉県に限らず全国で起こる問題なのです。

遺品整理とは本来は個人が残した遺品を整理することですが、孤独死を迎える老人というのは、その整理してくれる知人がいないために困った問題を起こしてしまうのです。遺品というのは他人が勝手に処分することができないため、遺言などがないと行政の決定を待たなければいけなく、思いのほか長くかかってしまうのです。そしてその亡くなった人物の持家ならいいのですが、賃貸などの場合、次に貸すことが出来ずに困ってしまうのです。それゆえ最近では生前にある程度の遺品整理をして、さらには自ら専門の業者に託しておくということが勧められているのです。例えば埼玉県ですと調べればかなりの民間業者がありますので、自分の都合のいいところを見付けて頼んでおけば、迷惑をかけずに済むのです。